高槻市

十二時頃ほてるに帰ってなにか高槻市 トイレつまりを書くとして二時頃修理を決行、僕のこの推察には誤まりはなからうこと、時間はまだ間にあう点、そうして、作業員の身をほんたうに不安に考えているならば、作業員を自分のものだと思うのなら、とにかくほてるに僕とまたいっしょにいってみないかと言った。僕はまゆこさんの前で、とにかく自分のものと思うならばのばに力をいれていたようだ。(作業員はあとで僕に、嫁にでも自分のものだと、そういった考えを持たれて生きているのは、自分はいやなんだ。と言っていた、)が、それ人は返事をしなかったのである。僕は大阪にいるとき、「子供の着物を買いに行くが、いっしょに散歩に横浜に行かないか、」「奈良だと老人がやかましくて、女中にやる盆暮の安反物さへなかなかの面倒だ。」と言っていた作業員夫妻を知っているので、それ人を黙らせている老人達に憤慨した。「では、下で老人達がなんと申しますか、一応老人にたずねてみます、」僕が義ちゃんと三人でゆきましょうといったときに、それ人ははじめて口をきってそう言った。